ピアスの素材によるアレルギー

ピアスの素材によるアレルギー

ピアスをすると耳が赤くなったり、かゆくなったり、腫れたりすることがあります。これは、ピアスの素材が体の中で金属イオンを放出し、これがアレルギー反応を引き起こしている可能性があります。


アレルギーを起こしにくいピアスの素材として以下が挙げられます。

  • 医療用ステンレス (surgical stainless steel)
  • 純チタン (pure titanium)
  • ニオブ (niobium)
  • プラチナ (platinum)
  • 金 (gold)

医療用ステンレスは、アレルギー反応を起こしにくい素材として広く知られています。純チタンは、医療用グレードの素材で、体との親和性が高く、アレルギー反応が出にくいです。ニオブは、比較的新しい素材ですが、アレルギー反応を起こしにくいことがわかっています。プラチナと金は、高価ですが、アレルギー反応を起こしにくい素材として知られています。

ピアスを購入する際には、素材が記載されていることを確認することが大切です。また、アレルギーがある場合は、ピアスをつける前に皮膚科医に相談することが望ましいです。

【関連記事】:表現力豊かなアクセサリーの選び方

アクセサリー

2024年、世界を席巻するトレンドブランド
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
2024年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
タグ